Details

zoom

Free Event

Marketing/presentation

 

present by TEAMFACE Associatets

コロナショックです。景気低迷に歯止めが利きません。

 

コロナ収束の後に経済ショックがやってくる。

「新しい生活様式」が発表されましたが、自分たちの生活として馴染むまでには、

未だ時間や理解が必要です。

多くの有名なマーケッターがこれから来る大不況に警鐘を鳴らしています。

緊急事態が解除されたこれからが、経済の苦境にさらされるといいます。

残念ながら倒産する会社も増えるでしょう。

そして、必ず来ると言われるコロナの第二波

考えると怖くなります。

お金が回らなくなる。

ソーシャルディスタンスとは、人と人を離すことです。

これからは、それがすべての基本になる。

今までは「Together to Alone」でした。

つまり、みんなで一緒に組織を作ろう。そして、その中で孤独な自分を作り出していた。

コロナで、これが180度変わりました。

「Alone to Together」 個々のチカラがまず必要で、その強い個が結びついていく。

感染されない状態、環境を完備した個であれば、一緒に組織を作れるのです。

 

私たちの周りには、生活にまつわる様々なモノ・コトがあります。

そして、それらは、共通の「お金」によって支配されています。

私たちは、そのお金を使って、生きていくための「生存の欲求」から利便性やより良い環境を手に入れるための「贅沢欲求」を手に入れています。

人々は、お金が入ってくると喜び、お金がなくなり出すと不安がります。

ですから、ついつい、未来のためにと「お金を貯める」ことをするのです。

しかし、経済というのは少し違います。

経済とはお金が流通していることを指します。

考えてみてください。

川には豊富の水がいつも絶え間なく流れているのに、人々はそこから水を汲んできて自分の池に入れている。

そして、その池の大きさや数を自慢し合っている。

天災が来て、自分の池は使えなくなるかもしれないのに、「貯める」ことにご執心です。

川はいつも豊富な水を用意しているのに…。

昔はそれでもよかったです。ですが、これからの時代は明らかに変わってきます。

そこで、今、自分の周りにある「お金」を整理してみましょう。

節約と利得の特別セミナー

「攻めるお金と守るお金」 

​〜zoom アクティブ・コンサルティング〜

無料です