BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

父ひとり


 


 

5年前の春に父は他界した。

77歳、傘寿を迎えた歳であった。

祝い事を過度に行うことを不得手としていた人だったし、入院中であったことだったから、味気ない病院食のお供を病院近くのスーパーに探しに行って、いくつか揃えただけの地味な祝いだった。


父が入院をしたのは、その時が初めてではない。

72歳で脳梗塞を引き起こし、その後は左半身が不自由な時間を過ごしていた。

脳梗塞では、リハビリ病院での治療後も可能性を追求して、東京の慈恵医大で特別な治療も行った。

他界した前年には食道がんになり、大きな手術を経験した。


脳梗塞以降は、戦いの日々であったかもしれない。


幼い日の思い出、親戚の引っ越しを手伝っていた最中に父は怪我をした。

荷物を運んでいる途中に誤って飛び出していた五寸釘を踏みつけてしまったのだ。

五寸釘は足の裏から足の甲まで突き抜けた。

父の横でオロオロとする息子に「騒ぐな」と言い、親戚に「すいません、ちょっと出てきます」と声をかけ、自分で車を運転して病院に向かった。

診察室で、五寸釘を抜くと血しぶきが診察室の天井まで吹き上げた。


大人の男は、これほど強いものなのかと幼心に驚愕したことを忘れられないでいる。


その強かった父が、死ぬときはあっけなかった。


空を見上げて、父を思う。




 
  1. 父の涙

  2. 父の再婚

  3. レオン

  4. 伊坂ワールド

まとめ:レモンではなく檸檬であるべきだ。