BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

一番奥の7番の歯は必要か!?問題を考えてみた

更新日:2020年6月6日


 


 

80歳で自分の歯を20本以上残すのが目標の「8020運動」というものがあります。

人間の歯は上下合わせて32本(親知らずを抜いたら28本)です。

それを、正面から対称右左1番〜7番(親知らずは8番)で表示します。


あまり知られてませんが、日本の歯科技術は世界の最先端と言われています。

光学スキャナ-で口腔内のデータ採取や歯科衛生士の歯石を取るテクニックなど、日本人の寿命を入り口で支えていると言っても過言ではないでしょう。


そんな中であっても、コロナ禍にあっては少し躊躇うものも事実です。


奥歯に違和感を覚えたのはひと月前の頃、噛むと右下奥歯に痛みを覚えたのです。

しかし、世の状況は「緊急事態宣言」が発令されたばかり、自粛要請に加え、接触が近い口腔内であることを考え、しばらく我慢するか…となったのでした。


しかし、1ヶ月で自体はとんでもないことになっていくのです。

その経緯と、結果を1ヶ月の悩みを交えてご報告しましょう。


「一番奥の7番の歯は必要か!?」


その答えは、

 
  1. 日本の歯科医

  2. 未来の歯科

  3. 前歯治療の実績

  4. 痛みが悪化

  5. 奥歯の抜歯

まとめ:歯大切にしよう!

 

これを深掘りしていきます。


日本の歯科医

コンビニより多い歯科医院などの表 現が社会に流布していますが、これは昭和 40年代から50年代にかけて、歯科医師不足が叫ばれた。生活環境や食の変化を含む複数の要因が重なって国民がムシ歯の洪水状況となったためです。


てこの「需給問題」に対する日本歯科医師会と厚生労働省(当時は厚生省)は、十分な「資質」を持った歯科医師養成は、大学歯学部・歯科大学に委ねられている状況を鑑み、歯科医師門戸に拡大をかける。つまりは、歯科医師になりやすい試験体制を作ったのです。


これによって、歯科医師の数は急増し、その中で起こった競争原理が技術の進歩につながったと言えるでしょう。