BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

セントルイスに学べ! 今、東京が一番やらなくてはいけない参考例

更新日:2020年3月10日


感染拡大する新型コロナウィルス

100年前にも全世界を巻き込んだインフルエンザがありました。通称"スペイン風邪”インフルエンザ・パンデミック重度指数PSI)においては最上位のカテゴリー5に分類された最大級の感染事例です。


全世界で感染者5億人、死者5,000万~1億人と言われ、日本でも39万人が死亡しました。

人口が5500万人の時代ですから、今に換算すると80万人もの命が失われたのです。


米国でも50万人が死亡したこの驚異の感染事例に、確固として立ち向かった都市、セントルイスをご紹介します。




 
  1. スペイン風邪の驚異

  2. 死亡率

  3. 治療環境

  4. 同時期の発生

  5. 三都市の比較

  6. セントルイス州知事の対応

  7. 閉鎖宣言のバッシング

まとめ:未来のために東京は、日本は情報開示して収束のために知恵を結集せよ!

 

これを深掘りしていきます。


セントルイス




アメリカ合衆国ミズーリ州東部、ミシシッピ川ミズーリ川の合流点に位置する商工業都市です。全米有数の犯罪都市という側面を持ちながらも、日本人居住者も多い生活しやすい都市です。


ミシシッピの水運を生かした水上交通の要衝として発展したこの街に100年前に訪れた感染の驚異をどのように対処したのでしょうか?


幾つかの要因を探ってみた。


スペイン風邪の驚異

1889年以降に生まれた人は、インフルエンザウイルスを子どもの頃に経験していなかったため、免疫を獲得していなかった。故に犠牲者が主に若い健康な成人だったち言われています。高齢者が、基本的にほとんどが生き残ったのに対し、18~29歳の年齢層では大量の死者が出て、患者の200人に1人の割合で亡くなっていたようです。