BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

安楽死を考えてみた。


 


 

高校二年生の夏に読書感想文で賞をもらった。

自慢でもなんでもない。


その春に最愛の母親を亡くし、自暴自棄になっていた夏に為来のようにやってきた宿題に、できいるだけ短い読書で済まそうと思った。


その時に手に取った作品が、森鴎外「高瀬舟」だった。


登場人物が二人だけの会話劇は、弟を殺したという男と、その罪人を護送する役人で紡がれます。晴れた穏やかな心の罪人と、その罪人の話を聞き、正反対に心を澱ませる役人。


人の心の中で、形を変える「死」、安楽死について答えは明かされず物語は終わる。


母親は胃癌でこの世を去った。

当時の医療技術は、癌に立ち向かえるものではなく、ましてや田舎の病院ではなす術もなく母親は2度の手術に耐えながらも、食事を取れずに見事に痩せ細り力尽きた。


父親はなんとかしたいとの一念で、当時話題に上っていた丸山ワクチンを求め、東京に月参した。栄養価の高いと評判の帝国ホテルのアイスクリームを毎度購入し帰郷したが、それをも口にできぬ母に変わり、育ち盛りの息子は掠め食っていた。


人間、そこそこの歳になれば懺悔の念にかられることも多少あるが、この時の自分の姿は、思い返すだに浅ましく情けない限りだ。


21歳で母親になったことで、手のかかる子供だった自分に大変な苦労とそれをはるかに超える愛情で育て上げてくれた。


そのような経緯で、その時の読書感想文は、感想文にあらずものだったと思う。


痩せ細り、痛みと戦い、苦しみ抜いて日々を過ごした母を見ながら、これ以上悪化させたくないと思いながらも、強く生にしがみつきたいという自分のエゴの中で、痛みがない体のくせに勝手に疲れ、諦めてしまっていた自分がいた。


母が無言になった朝、それがわかっていたようにバット持ち素振りを続けていた。

疲れて辞めたいと何度も思ったが続けていた。


朝もやの中から父親が現れて「今、逝ったよ」と告げた。



 
  1. Dr.キリコ

  2. 東海大学安楽死事件

  3. ドクター・デスの遺産

  4. 人魚の眠る家

まとめ:安楽死とは極めて慈悲による行為だ。

 

これを深掘りしていきます。