BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

養子縁組制度を考えてみた。

更新日:2020年7月4日


 


 

アンジェリーナ・ジョリーは、ブラッド・ピットさんとの関係が始まる前から養子を迎えていて、交際後も迎え続け、合計で3人の養子を育てている。


2006年に「ジョリー・ピット基金」を設立し、長女のザハラの祖国エチオピアからエイズと結核を撲滅するための専門医療機関を建設計画に着手している。


海外に目を向ければ、彼らのように、人道支援に理解を示し、避難民の現状を訴えてながら、養子縁組の大切さを身をもって形にしているセレブは以外と多い。


海外では、子どもを授かるのが難しいとわかった段階で、養子を受け入れるという夫婦・カップルが増えているという。

また同性婚への理解も含め、今後は、その傾向はますます強まることが予想される。

つまりは、世界的に見て養子環境はより高まっていると言える。


筆者の弟も養子縁組をしている。


と言っても、上記のような人道支援のケースではなく、養子を迎え入れたわけでもない。

筆者を含めた弟の実母が若くして他界し、まだ小学校に入ったばかりの幼少だった弟には、育てる母親の存在として父親の再婚を機に、義母と養子縁組を行ったのだ。


筆者は、弟と9歳の年の差もあり、その必要性はないと見なされ、同時に実家を離れ大学進学をするタイミング出会ったこともあり、その訳合いに同意した。


ちなみに義母とは良好な関係である。




 
  1. オープン・アダプション

  2. 里親制度

  3. 普通養子縁組と特別養子縁組

  4. 不妊治療

  5. 物語に学ぶ養子縁組

まとめ:この職業には使命感が必要だ!

 

これを深掘りしていきます。


オープン・アダプション

耳慣れない単語だが、アメリカでは、法的にも守られている制度である。