BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

【それぞれの寿命】AV女優の寿命を探ってみた。

更新日:2020年6月23日


 


 

少し目を離していると、様変わりしてしまう業界がある。


例えば、競馬。

3歳馬が挑むクラシックレースである皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞の三冠レースをすべて制した三冠馬」が最大の注目であることから、毎年、主役が変わっていく。その後のレースに出て行っても6歳馬くらいまでが関の山。


このように現役寿命、活躍寿命が短い職種の特徴は、短い中でいかに輝くかだ。


そして、その本命とも思しき職種がAV女優(セクシー女優)であろう。


セクシー演技とはいえ、女優である。

作品に、現場に揉まれて成長していくものではあるが、ドラマ女優、映画女優ほどに時間は待ってくれない。


デビューしてから一ヶ月もたてばもう新人ではなくなり、半年すれば十分なベテランとなる。つまりは、ドラマ1クールのうちに中堅となり、大河ドラマを突き抜ければ引退の声が聞かれる。


儚くも急ぎ足の人生なのである。


それもそのはず、年間、年間2,000人〜3,000人近くの女性がAVデビューする業界、その競争率は尋常ではないです。



 
  1. AV女優の引退後

  2. AV女優の出演料

  3. セックスワークの現状

  4. 美容整形

  5. 職業意識

まとめ:この職業には使命感が必要だ!

 

これを深掘りしていきます。


AV女優の引退後

飯島愛さんや及川奈央さんのように、芸能界でタレント業に挑むケースもありますが、ここは狭き門ですね。AV女優という色メガネで見られてしまうというハンディキャップもありますから、それを武器に変えるハートの強さがなければ難しい。


撮影現場での経験値を要して、制作陣営に移るという人もいるようです。実際はAD/APといった制作スタッフと言うよりも、演者さん側のコーディネイターやアドバイザーのポジションでしょうか。