BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

【BUTTER】 あの事件の裏側が見える?


                   *書評ではないのでネタバレはありません。

                   

 

 

この物語のどこが面白いかというと、


Point 「首都圏連続不審死事件」2009年に起こった結婚詐欺/殺人事件の真相を独特な角度で仕上げたオマージュストーリーに酔いしれる

交際していた3人の男性を殺害したとして死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚

当時、彼女の姿態、要望は数多くのワイドショーで取り上げられ、世の男性は不可解極まりない思いをした。6件の不審死と7件の詐欺行為の容疑で逮捕された木嶋佳苗という人物の容姿が、不細工極まりなかったからです。


木嶋佳苗、当時34歳の異業が最初に発覚したのは2009年8月6日に東京都千代田区の会社員男性がレンタカーで不審死したことによります。


死因は練炭による一酸化炭素(CO)中毒でしたが、男性と婚活サイトで知り合って交際していた木嶋死刑囚が捜査線上に浮上し、そこから、東京都青梅市の会社員の53歳男性が自宅で練炭によるCO中毒で死亡、千葉県野田市の80歳の男性家事により死亡していたことが発覚しました。


嶋死刑囚は、「かなえキッチン」なるブログで、「美味しいもののお取り寄せが趣味」と男性遍歴をセレブ女性を装って公開していました。


本作品は、この食通の視点をクローズアップしながら、主人公が木嶋死刑囚のモデルとなっている女のまやかしに翻弄される様が描かれています。


まずは、作者紹介からいたしましょう。


柚木麻子(ユズキ・アサコ)

1981年、東京都生れ。2008年「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞し、2010年に同作を含む『終点のあの子』でデビュー。2015年『ナイルパーチの女子会』で山本周五郎賞を受賞。ほかの作品に『私にふさわしいホテル』『ランチのアッコちゃん』『伊藤くん A to E』『本屋さんのダイアナ』『BUTTER』『マジカルグランマ』などがある。


本作を含め、過去5回の直木三十五賞候補になっている。


振り幅の広い正確の登場人物を描写し、物語に深みを盛り込む作風が同年代の女性を中心に共感を受けている。


彼女の代表作といえば、

ランチのアッコちゃん】 2015年


TVドラマ化された、女性の上司との関係を通して成長していく主人公を「ランチ」というテーマを通して紡いでいく成長物語です。


基本的には、元気な明るい主人公が、紆余曲折ありながら、目的を持って成長する様が心地よく、等身大の女性主人公を描くことが上手な作者だとわかります。本作もランチのアッコちゃんを彷彿させるような「食べ物」を通した描写が心地よいです。


∽∽∽∽ コメント ∽∽∽∽

この小説は、バターを使った料理が数多く出てきて、食指が伸びますが、その実、男性を食い物にしてきた殺人者を扱った物語。その陰部を明るい食事と照らし合わせた描写に重ぶかさを感じます。∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


さて、心地よい登場人物を簡