BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

大動脈解離の実態と経験録 

更新日:2020年3月10日


2016年5月20日夕食時、今まで経験した事のない尋常ではない痛みを背中に感じ、その瞬間から全く人生が変わってしまう病体験をしました。


大動脈解離、発生状態によっては、命を落とす事も少なくないこの病気を自身の体験に合わせ、広く存在を知っていただくためにレポートいたします。



 
  1. 大動脈解離 病態

  2. Stanford A Stanford B

  3. 人工血管置換術

  4. ステントグラフト アプローチ術

  5. 大動脈解離で亡くなった有名人

 


大動脈解離 病態



大動脈解離とは、人間の一番太い血管である心臓から繋がっている大動脈の内幕が長軸方向に裂ける現象をいいます。急性心筋梗塞,急性肺動脈血栓塞 栓症とともに 3 大致死的循環器系疾患の 1 つに数えられ、発生頻度は、10 万人に 2〜4 人程度との報告があります。


血管が裂けると聞くと血管が切り裂かれるイメージを持ちますが、実際には大動脈の外膜、中膜、内膜といった3層構造の内幕に亀裂が生じ、中膜の中に血液が入り込んでしまい、本来の正常状態の血菅(真腔)とは別に解離された血管(偽腔)ができてしまう状態です。


真腔と偽腔

解離状態になると、真空内の3層より一枚薄い2層構造が生まれ、ここに圧力がかかると薄くなっている2層の部分が膨らみ破裂の危険性を伴います。

症状

突然、胸あるいは背中に棒で殴られたような激痛が起こり、病状の進展につれて痛みが胸から腹、さらに脚へと下向きに移っていきます。強い痛みに意識消失状態やショック状態となることも多くあります。


治療

収縮期血圧を100~120mmHg以下に保つことを目標に、十分な薬物療法が行なわれます。急性の大動脈解離や破裂の危険性が高い場合の手術では、裂け目がある部分の血管が人工血管に置き換えられますが、病状によって人工血管に交換する範囲は異なります。手術中は、手術の補助のため、超低体温循環法あるいは脳分離循環法という専門的な人工心肺操作が行われます。

筆者自身の状態は、極めて危険な状態で、命を確保する救命手術を要する発症となりました。


Stanford A Stanford B