BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

【黒百合】 この作品を最後に失明を危惧して行方を断った文才

更新日:2020年3月10日


                   *書評ではないのでネタバレはありません。

                   

 

 

この物語のどこが面白いかというと、


Point 透き通るような時代背景描写に、純愛を彩った文芸作品といった心地よさとレッドへリングを効かせた絶妙などんでん返し、最後の一行が重い…。

             *レッドへリング:重要な論点から相手の注意をそらす技法


舞台は3つの時代に分かれて進行します。

① ベースになっているのは、昭和27年の夏、舞台は別荘が立ち並ぶ六甲山

② 二つ目が昭和10年、舞台はベルリン

③ そして最後は、昭和15年〜20年、舞台は大阪


いずれも戦前、戦中、戦後の日本の背景を色美しく描写しながら、その時代には叶えられなかったテーマを横軸に進んでいきます。


そして、この物語の大脈である14歳の少年、少女の夏という弾けるような体験と、初恋の淡い想いが全体像を純文学のように進行していくのです。


作者は、2009年12月19日に「両目を失明し人の手を煩わせたくない。筆を置き、社会生活を終了します」と置手紙をして失踪することになります。そして、この作品が残された最後の作品となりました。


最後にして、輝き深い作品であることは間違いありません。


まずは、作者紹介からいたしましょう。


多島斗志之(タジマ・トシユキ)

1948年 大阪府生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、広告代理店勤務を経て作家デビュー。密約幻書』で第101回直木賞候補、『不思議島』で第106回直木賞の候補作となった。多重人格を取り扱って話題となった『症例A』、純愛小説の『離愁』など幅広い作風で知られる。


疾走するというミステリーな最後だったようです。


本作のメインストリームが、大阪ー兵庫ということで、阪急電鉄の創始者小林 一三をモデルにしたであろう人物や宝塚歌劇団といった背景が伺い見れ、その背景が物語の進行に寄り添っています。


主人公は、14歳の少年二人と少女ですが、他に出てくる情勢は、六甲山の別荘地であることもあり、気品がある貴婦人ばかりで、それが宝塚の背景と重なって見えます。


メインストリームの昭和27年といえば、手塚治虫の大ヒット作「鉄腕アトム」の連載が開始された年でもあり、宝塚という土壌からも、個人的には大人向け手塚作品を主人公のイメージを重ね合わせてしまいます。


∽∽∽∽ コメント