BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

【Red】 女性の中にある「幸せ」とその求め方を学ぶ

https://www.masatetube.com/post/butter

                   *書評ではないのでネタバレはありません。

                   

 

 

この物語のどこが面白いかというと、


Point 直木賞作家である表現力が巧みな作者が、独特な女性観と幸せの追求を表現した逸作

主人公、村主塔子は、2歳の娘と夫とその両親との世帯同居生活。ある日、友人の結婚式に出席した塔子は、かつての上司の鞍田の姿を見つける。その縁で仕事復帰をすることに。鞍田と再会し、彼との関係が深まって行く中、結婚、家庭、子育て、女性の働き方を通して、自分の幸せのあり方に少しずつへんかあを見せる塔子。


島本作品がファーストトライだったのですが、半ば官能小説のような描写や表現に圧倒される箇所もありますが、ほとんどは主人公の心の動きを追っていくことで女性の幸せの考え方や成長を見て取れる作品です。


作者、島本理生さんの夫は、作家 佐藤友哉。

夫の作品をほとんどすべて読了する妻と、全く読まない旦那のカップルです


一度、離婚して復縁しているこの夫婦のその結びつきは「作家合コン」

その作り上げる物語の妙も、この環境にして生まれるものなのかと感嘆します。


それでは、まずは、作者紹介からいたしましょう。


島本理生(シマモト・リオ)

1983年、東京都生れ。『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞受賞を受賞し、2005年、『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補となる。『アンダスタンド・メイビー』で第145回直木三十五賞を受賞。女性の成長の家庭で経験する心の動きを繊細に描写し女性の幅広い層から指示がある。


本作を含め、過去5回の直木三十五賞候補になっている。


彼女の代表作といえば、

島清恋愛文学賞を受賞した本作の他、

『ナラタージュ』と、2015年に刊行され『Red』の着地点的な位置づけとして2016年に発表『Red』に続き、映画化が発表された『イノセント』

直木賞を受賞した『ファーストラヴ』




∽∽∽∽ コメント ∽∽∽