BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

【虚ろな十字架】 死刑廃止反対論を突き詰めた果てにある風景

更新日:2020年6月6日


                   *書評ではないのでネタバレはありません。

                   

 

 

この物語のどこが面白いかというと、


Point 犯罪被害者の残された家族と犯罪加害者とその家族、犯人への極刑は何を生むのか

死刑廃止論、死刑廃止反対論、それぞれの視点で問題提起された作品は多い。

「ネメシスの使者」(中山七里著)「坂の途中の家」(角田光代)など、リーガルステージで、その是非を問うていくことが多いようにも感じますが、その実、罪の真実に焦点に当てながらその因果が解きほぐされているこの作品もまたこの問題の妙となり得ます。


東野圭吾さんの創作の興味の一つは、登場人物の心理背景です。

それがミステリーというジャンル定義を超えた東野ワールドを作り出している。


人間の心理は、いつも湿っぽいものだ。

隠しているもの、隠さなければいけないことで溢れている。

そこには、正解とか不正解ではない、それだけでは区別できない事実が存在する。


東野圭吾は自身の作品「人魚の眠る家」では、脳死と臓器提供のテーマに挑んだ。

ここにも二つの立場、対局の考えが触れ合いながら物語が紡がれていく。


そして、その未開のテーマを東野圭吾の心地よい脚色により物語を収めていく。

これがヒューマンドラマリストの東野圭吾の真骨頂なのだ。



それでは、まずは、作者紹介からいたしましょう。


東野圭吾(ヒガシノ・ケイゴ)

1958年、大阪府生れ。1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。1998年に『秘密』を刊行すると、一気に大ブレイク。2006年容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞し、作家版の長者番付でも上位に顔を出すようになるなどの人気作家。


2009年より日本推理作家協会理事長に就任