BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

【人気の秘密】Mickey Mouseの人気を盗め!


                                                 


なぜこの話題を取り上げるかというと、


Point 老若男女、世界中どこでも、どんな時でも、誰とでも、ほぼほぼミッキーを悪く言う人はいない。その秘密を知りたいから。

ミッキーマウスは、人気者の第一人者と言っても良いですよね。

ちなみに僕はDisneyフリークです。Disney作品はほぼ全て網羅しているつもりです。ディスニーパークも1000回以上訪れています。


と言いながら、実は僕はディズニーとはライバルと言われる映画会社にいたんですね。だから、ライバルを研究と言いながら、大好きなミッキーに浸かっていたんです。


なので、

そんな僕が見つけたミッキーの人気の秘密をこちらの5点で説明していきます。

目次


  1. ミッキーの成り立ち

  2. ミッキーの声

  3. ミッキーの動き

  4. ミッキーの名台詞

  5. ミッキーの未来


を深掘り。


そして最後に、「これを真似しろ!」ポイントをお伝えします。




ミッキーの成り立ち

アメリカのキャラクターは、どちらかというと嫌われ者をモチーフにして人気者に仕立て上げようとした歴史があります。だから、ペットになりにくい動物の擬人化が多いです。

ミッキーマウス=ねずみ バグズバニー=うさぎ バットマン=こうもり


そして、名前に韻をふむ特徴があります。Mickey Mouse(M・M)Donald Duck(D・D)King kong(K・K)…。


ネーミングに一番必要なことは、リズムで覚えてもらうこと。

この不思議な”こだわり”を現代でも大切にしてほしいですね。


もともと、ミッキーマウスの元になったキャラクターは「オズワルド」ミッキーに似たウサギのキャラクターですね。

現在は、Disneyキャラクターとしてパークにも出演していますが、彼の著作権は当時、配給していたユニバーサル・ピクチャーズに奪われてしまいます。それが、ウォルトのキャラクター著作権に強い意識を持つ始まりだったんです。


2006年に82年ぶりに取り戻すことになりますが、オズワルドの名前は、「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット」韻を踏んで…、ないんですね。


Lucky Rabbit L・R この時、キャラクターの人気の方程式がわかったのかも。



ミッキーの声

元々、ミッキーマウスの声の吹き替えはウォルト自身が行っていたというのは有名な話。

日本では、2年前に27年ぶりに変更になりました。


長い間、ミッキーと同化していた青柳隆志さんは、1961年生まれプロの声優さんではなく、東京成徳大学の教授です。つまり、青柳さんは他の声優仕事は行っておらず、ミッキーだけに声を捧げていたのです。


では、なぜ、青柳さんがミッキーの声をはじめたかというと、彼女(今の奥さん)を振り向かせるためだったそうです。その時から30年近く、ミッキーマウスのとても重要な人気のファクターになっていた。


ミッキーの動き

パークでミッキーと目があうと心がときめきます。でも、当然のことながら、これは目線があうというのではなく、表現全体を捉えてのこと。ショーやパレード以外でミッキーが喋ることはあまりないから、ジェスチャー頼みになりやすいと思いがちですが、ミッキーマウスのデビューは「蒸気船ウィリー」


当初、無声アニメーションとして制作されていたものの、急遽トーキー・アニメーションとして作り変えることになったのですが、無声アニメのため、表情やジェスチャーが大切だった。


そこで、ウォルトが注目したのが「チャップリン」

ミッキーは、天才喜劇王をモデリングしていたんですね。



∽∽∽∽ コメント ∽∽∽∽

長い間、青柳隆志さんの声に慣れ親しんだので、青柳さんの声のイメージが強すぎて、というか、「ミッキーの声」に吹き替えとか声優とかという概念を持っておらず、ミッキーが風邪を引いいたくらいの感覚ですが、慣れるにはまだ時間がかかりそうです。そう考えれば、青柳さんが完全にミッキーに同化していたことがわかります。∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


ミッキーの名台詞


ミッキーマウスの名セリフを幾つか見てみましょう。


★「夢は、きっと叶うさ」(ワンスアポンアマウス)

★「世界はひとつ、僕たちは家族」(レジェンド・オブ・ミシカ)

★「君がどんなに強くても、これは僕の夢なんだ!」(ファンタズミック)

★「世界は光と闇で出来ている。切り離せないんだ」(キングダムハーツ)


全てにおいて、「心配しないで」「大丈夫だよ」というメッセージが込められています。

ミッキーは、どんな時でも自信を持っている。だから、すべてがポジティブ

そして100%味方だと思わせる言葉を与えてくれます。


ミッキーの未来

ミッキーマウスの誕生は1928年11月18日90年以上の間、ずっと人気者の最前線を走っています。これは、とりもなおさず、ウォルトのこの言葉に裏付けられているんですね。


「ディズニーランドは永遠に完成しない。この世界に想像力が残っている限り、成長し続ける。」この言葉に裏付けられるように、パークでのミッキーの言葉には、いつも未来を感じます。


そして、それはいつの時も情熱に満ち溢れているんです。そしてその言葉や表情は、多くの人に届きますが、その全てはミニーの心に発信し、そこから全ての人に届いているのです。



∽∽∽∽ コメント ∽∽∽∽


さて、まとめです。


ミッキーマウスが人気者である秘密を盗め!を考察してきましたが、人気の出るキャラクターを作るポイントは、1.名前に意味やキャラクターの成り立ちを物語にできるようにすること 2.キャラクターも人と同じ。ビジュアルと同じくらいに声や表情を考察すること

3.誰に対しても味方だと思わせる言葉をいうこととと、未来を感じさせること そして、一番大切なのは、大勢の人に届けるために、対象となる一人を通して伝えること。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




ディズニーマインドと同化するピクサーの存在、だから、

まとめ Point 老若男女、世界中どこでも、どんな時でも、誰とでも、ほぼほぼミッキーを悪く言う人はいない。それは、あなたのために未来を見せてくれるから。


さて、世界の人気者ミッキーマウス、あなたは会いに行きたくなりましたか?

⁂ -合わせて読みたい- ⁂

  病み付き必須!東京ディズニーランド 「ジャンボリミッキー!」の麻薬性



∴ -こちらの記事もおすすめ- ∴

  【Disney 顔くらべ】エレクトリカルパレードは地上の星座

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの
  • Instagram

© 2020 by masatetube all rights reserved