BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

【ネメシスの使者】 ギリシア神話に登場する「義憤」の女神、その正体とは


                   *書評ではないのでネタバレはありません。

                   

 

 

この物語のどこが面白いかというと、


Point 驚きの物語創作量を誇る中山七里にして、その大き作品の中からミラーとなる作品を対比する。

死刑判決を免れた殺人犯たちの家族が次々に殺される事件。

現場に残された「義憤」を意味する「ネメシス」という文字。加害者家族への復讐なのか、司法への挑戦なのか、七里物語ではお馴染みの岬検事に渡瀬、古手川のコンビがその謎を追求します。


兎にも角にも中山七里となると、その作品量の多さに感嘆するわけですが、メインストリームになっているのは、真骨頂の猟奇殺人であるように思う。

切り裂きジャックの告白」「連続殺人鬼カエル男」に代表されるその猟奇殺人像への興味と事件解決が中山七里だという声は多い。


しかし、御子柴礼司シリーズを中心に、司法の場を物語のテーマにする作品にも傑作は多い。


その司法をテーマにした作品の中でも人気作である「テミスの剣」

本作と同じようにギリシア神話の女神をタイトルに使ったこの作品との対比が、より深い物語の真相をあぶり出している。



それでは、まずは、作者紹介からいたしましょう。


中山七里(ナカヤマ・シチリ)

1961年、岐阜県生れ。2009年、『さよならドビュッシーで第8回このミステリーがすごい!大賞を受賞。、48歳での小説家デビュー。この時のダブルノミネート作品が、連続殺人鬼カエル男』で同賞初の偉業。音楽ミステリー路線、ダークでシリアスなサスペンスや法律路線など幅広い作風の作品を手掛ける。


エレクトーン教師の妻の影響か、音楽ミステリーの質の高さは随一。