BLOG

Masatetube

最期までのブログ

written by Masatetu Akimoto

サイボーグになった記草屋マサテツの プロフィール(現在)

更新日:2020年3月10日



 

サイボーグになる前のこと

  1. サイボーグになった記草屋マサテツの プロフィール(UMA〜) 

  2. 大動脈解離の実態と経験録

 

目が覚めて自分が生きていると知った時から人間の形を取り戻していくまでに思った詩


『ASAGAKITA』 ほら、足元が輝きだした 人生の目的を探す旅 今、君の横にある 見つけて終まわぬように 気づかぬように 知識や経験じゃなく 衝動でそれを引き寄せて 漆黒の中の手探り でも焦らないで 既に手にしているよ。 答えを探さぬように 調べ求めず 教えや計画じゃなく 瞬間の自分を信じて 手にしたぬくもり それが真実なんだ 眩しいほどの未来 強く強く抱きしめて ASAGAKITA HIKARINAWASURESO 掲げたpowerに強く祈りを込めて 自分の持ってるLightに電源を入れ さぁ強くあの先の 世界を照つけろ そして場所を見開けて 大丈夫自分を信じろ ASAGAKITA ASAKIYUMEMISHI ASAGAKITA ANATANIAITAKUTE



operation 1 救命手術

急性大動脈解離の緊急救命手術を受け、医師が想定していたより強い回復力を見せ、退院を向ける頃には、全てを取り戻した気分になっていました。


病院内でも、どの患者よりも元気に振舞い、身も心も自分をだますように活動しました。


しかし、退院後の生活はそれほど易いものではありませんでした。

体力の減退、意識の停滞、集中力が薄れ、それをひた隠しにしながらの対応。

「もう、すっかり元の通りですよ」と嘘ぶいていましたが、所詮、空元気の嘘は長く続かない。


結局、その年の冬に二度目の手術を受けることになりました。


救命手術後に、主治医から申し伝えられていた二度目の手術はある意味、予定されたものでしたが、主治医が望んだのは、「二度目の手術はできれば5年後を想定したい」


つまりは、リスク避け、延命を図るにはできるだけ時間を稼ぎたかったのですが、予定の5年がその十分の一の半年に繰り上がってしまったわけです。


Operation 2 上行大動脈+弓部大動脈+脳血管置換術

二度目の手術は14時間を要しました。

ICUで目を覚ました直後に、「あぁ、この手術は失敗だったんだな」と自覚しました。

呼吸が苦しく、息が出来ない上に、尋常ではない痛みがぶり返す。

この状態を続けることは不可能で、意識が続く限りの地獄だと認識しまいsた。


しかし、人間の回復力は大いなるものです。


一秒が辛く苦しかった段階が五秒になり、十秒を耐え、少しずつできるが増えていくと意識は可能性を求めだす。


しかし、今回はただでは済まなかった。

脳血管置換術の際に反回神経に触れ、